デリケートゾーンの黒ずみ市販でおすすめ商品ランキング大公開

デリケートゾーンの黒ずみの市販

デリケートゾーンが黒い。

その黒さは生まれつきのものではなく、黒ずみの可能性が高いです。

いつのまにか後天的に黒くなってしまったということで、特に、VIO脱毛後に黒ずんでしまっていることに気づく人が多くいます。

パートナーがいるなら黒いと思われるのはつらいですし、着替える時や水着を着る時に視線が気になってしまうことも考えられます。

誰に見せるわけではなくとも、かつては黒くなかったものを黒いまま放置していいのかという話です。

放っておくのはいいことではありません。

そこで、デリケートゾーンの黒ずみはどうすれば改善していくのか、今日からでもできる対策、ケア方法、解消アイテムを紹介します。

Contents

デリケートゾーンの黒ずみはなぜできてしまうのか?|原因はひとつじゃない

デリケートゾーンの黒ずみが黒いのはメラニン色素の色が黒いからです。

シミやそばかすを黒く見せているのと同じメラニン色素がデリケートゾーンで作られるごとに黒ずんでいきます。

紫外線を浴びるとシミが増えるのと同じく、デリケートゾーンでメラニン色素が作られる理由があるはずです。

そして、その理由こそが黒ずみの原因に他なりません。

考えられるのは、以下4つです。

  • きつい下着で締めつけている
  • 洗う際に摩擦が起きている
  • おりものシートで日常的に蒸れている
  • VIOのムダ毛を自己処理している

これらに共通しているのは“肌への刺激”。

つまり、刺激をきっかけとしてメラニン色素が作られていることがデリケートゾーンの黒ずみの原因です。

デリケートゾーンの黒ずみを解消するケア方法を5つ紹介|メリット・デメリット

デリケートゾーンの黒ずみを解消するケア方法を5つ紹介

デリケートゾーンの黒ずみを解消に導くケア方法を紹介していきます。

簡単にメリットとデメリットをまとめましたので、以下の表を参照してください。

ケア方法(使用する物) 見込める効果 メリット デメリット
黒ずみ改善クリーム 保湿と美白 専用品なのでリスクが少ない 毎月毎月コストがかかる
デリケートゾーン専用石鹸 美白? 比較的安くて刺激が少ない 劇的な改善は見込めない
ヨーグルトなど身近な物 美白? 専用石鹸よりさらに安い 効果があればいいが負担をかける
ハイドロキノン 美白 美白効果に優れている 刺激が強くて副作用のリスクもある
美容皮膚科を受診 美白 安心安全かつ効果が大きい 費用が高額になる

各メリット・デメリットの詳細は以下に続きます。

1.デリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームを使うのは海外でも一般的な対策

デリケートゾーンにクリームを塗るケアは日本人にはあまりなじみがありませんが海外では一般的です。

そして、ケア用クリームは日本でも流通しています。

黒ずみを黒く見せているのがメラニン色素であるため、メラニン色素に効果を発揮する美白化粧品であれば黒ずんでいる部位を美白して解消に導けると言えなくはないです。

が、専用ではない物を陰部に使うリスク。

並びに、美白できるとしても化粧水や美容液のように水っぽい物を粘膜付近で使うリスクを考慮すると、「デリケートゾーン専用」かつ「クリーム状」の改善アイテムを使うのがベストな対策です。

そして、デリケートゾーン黒ずみ改善クリームの多くは保湿と美白という解消2大効果が見込めます。

1か月あたり1つ消費すると考えると毎月コストが発生するのがデメリットと言えばデメリットです。

2.デリケートゾーン用の石鹸を併用するという作戦|ひだの黒ずみにも

石鹸の中にはデリケートゾーンの黒ずみ用の石鹸があります。
一般的なボディソープはアルカリ性の物が多く、酸性寄りであるデリケートゾーンに使用するとpH(ペーハー)のバランスがくずれてしまいます。

pHとは酸性なのかアルカリ性なのかの性質を表す尺度。

この場合のpHバランスをくずすとは、酸性寄りなのにアルカリ性に寄せてしまうということです。

そうなると、痛みやかゆみや赤みが生じ、それらの刺激を引き金にメラニン色素が生産されかねません。

刺激を生じさせることなく洗えて、しかも、デリケートゾーン専用品の中では比較的安価なのが石鹸のメリットです。

改善クリームを塗るのが難しいひだの黒ずみを美白するのにも適しています。

とはいえ、美白成分が配合されているとしても洗い流すので黒ずみに浸透しにくく、改善効果は大きくはありません。

3.ヨーグルトなど黒ずみ専用品ではない物は即効性が低い

デリケートゾーンのケア方法を調べると、ヨーグルトを使ったパックなどで解消したという口コミや体験談がヒットすることがあります。

身近な物で解消できたならそれは悪いことではありません。

ヨーグルトのように安価な物でデリケートゾーンをケアできるならメリットですらあります。

しかしながら、デリケートゾーンの黒ずみ専用品ではない物をデリケートゾーンに使用するのは自己責任です。

何の変化もないのはいいほうで、悪化する可能性を伴っています。

また、仮に改善するとしても、専用品ではない上に美白成分を豊富に含んでいるような物を使用するわけではないのですから、解消効果は微々たるもの。

即効性ももちろんありません。

試してみるのはありでも、黒ずみ改善クリームのような専用品ではない物による長期的なケアはおすすめしかねます。

4.ハイドロキノンは良くも悪くも強過ぎるので副作用に注意

デリケートゾーンの黒ずみを黒く見せているのがメラニン色素だというならば、美白成分による美白効果が強ければ強いほど色が薄くなるはずです。

最強の美白成分と呼ばれるほどに美白効果が強いハイドロキノンこそ、黒ずみを解消に導くのではないでしょうか。

ところが、ハイドロキノンには副作用があります。

美白効果が高いあまりに本来の色よりも色素を抜いてしまって肌色がまだらになるという副作用と、刺激が強いので使用すると痛みや赤みが出るという副作用です。

どちらの副作用も絶対に発生するわけではないものの、デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンを使用するのは慎重にならなければなりません。

ハイドロキノンが配合されているクリームは海外では普通に売られていて個人輸入も簡単ですが、くれぐれも慎重にお願いします。

デリケートゾーンの黒ずみはハイドロキノンでキレイにできる?効果と口コミを徹底紹介

5.美容皮膚科のホワイトニングレーザーは高額になるので最終手段

美容皮膚科にはデリケートゾーンの黒ずみを改善するためのメニューがあります。

中でも、デリケートゾーンをホワイトニングするレーザー治療は確実性が高いです。

しかし、費用も高く、自分でケアするのとは比べ物にならないくらい高額になります。

治療といっても保険が効く治療ではないため、どうしても高額になるのです。

ホワイトニングレーザー1回で、安くても1万円以上、高いと数万円。

確実性の高さと費用の高さが比例していて、デリケートゾーンの黒ずみを物理的に除去するレーザー治療だと10万円以上かかることもあります。

ぽんと出せる金額なら最初から美容皮膚科の門をくぐってもいいでしょう。

高いと感じるなら、まず自分でケアして一歩一歩解消への道を歩んでいけばいいのではないでしょうか。

デリケートゾーン黒ずみの皮膚科での治療|レーザーと薬の効果と費用

デリケートゾーン黒ずみの市販クリームおすすめランキング

デリケートゾーン黒ずみの市販クリームおすすめランキング

デリケートゾーンの黒ずみにはそれ用に販売されている市販品がおすすめです。

ヨーグルトなどの代用品よりそれ用に販売されている市販品のほうが改善効果を見込めます。

そして、デリケートゾーンの黒ずみにはクリーム状の製品が適しています。

よって、黒ずみ改善商品の中でもクリームに的をしぼり、おすすめなクリームのランキングを作りました。

1位:イビサクリーム

1位に推すのは「イビサクリーム」です。

  • 敏感肌でも使えるクリーム
  • 負担をかけにくい美白成分・トラネキサム酸を配合
  • ブラジリアンワックス専門店が開発

デリケートゾーンの黒ずみ改善をうたう市販品は基本的には美白成分と保湿成分、あとは、抗炎症成分などを配合しています。

その中でイビサクリームに配合されているトラネキサム酸という美白成分は他ではあまり使われておらず、それでいて肌に負担をかけにくい優秀な美白成分です。

ゆえに、敏感肌でも使えると公式が明言しています。

VIO脱毛も手掛けるブラジリアンワックスの専門店が開発していて、VIOひいてはデリケートゾーンのプロ目線で作られているのもポイントが高いです。

  • 通常購入価格:7,000円(税別)+送料360円+手数料150円
  • 定期購入価格:4,900円(税別)(※1本あたり)、送料手数料無料
  • 返信保証期間:28日間

1本を1回だけ購入する通常購入よりも、2ヶ月毎に2本届くコースが最安値になってお得です。

2位:ハーバルラビット

2位に選んだのは「ハーバルラビット」です。

  • クリームより重くないジェルクリーム
  • 水溶性プラセンタとビタミンC誘導体配合
  • パッケージが可愛い

デリケートゾーンの黒ずみに適しているのはクリームですが、クリームはベタつきを感じることがあります。

そして、ベタつきを感じるまま使用していても不快な上に、かゆくなってしまうことさえあります。

その点、ジェルクリームだとクリームよりも重くなくてベタつきません。

ウサギのイラストが可愛いパッケージもケアを継続するモチベーション維持に一役買ってくれます。

見た目が可愛いだけでなく、メラニン色素の生産を抑制する水溶性プラセンタや、メラニン色素の排出を助けるビタミンC誘導体など、成分的に見ても優秀です。

  • 通常購入価格:7,000円(税別)+送料360円+手数料155円
  • 定期購入価格:4,750円(税別)、送料手数料無料
  • 返金保証期間:60日間

返金保証期間がイビサクリームよりも長いのが特徴です。

3位:ホスピピュアVIO

3位に入ったのは「ホスピピュアVIO」です。

  • 湘南美容外科と共同開発したホスピピュアのVIOバージョン
  • トラネキサム酸配合
  • リン酸L-アスコルビンマグネシウム配合

湘南美容外科と共同開発し、湘南美容外科で販売もされているホスピピュアという色素沈着を治すクリーム。

それをVIOに特化させたのがこのホスピピュアVIOです。

デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンのような強過ぎる美白成分は向いておらず、トラネキサム酸のような肌に優しい美白成分こそが向いています。

それから、リン酸L-アスコルビンマグネシウムというビタミンC系美白成分が配合されているのも美白ケアをする上ではプラスです。

  • 通常購入価格:8,000円(税別)+送料660円+後払い手数料91円
  • 定期購入価格:4,500円(税別)、送料手数料無料
  • 返信保証期間:90日間

定期購入3回目までは4,500円(税別)で、4回目以降は継続するほど安くなり、12回以上の継続で3,825円(税別)になります。

おすすめクリームランキングの価格等一覧表

イビサクリーム ハーバルラビット ホスポピュアVIO
通常購入価格 7,000円(税別) 7,000円(税別) 8,000円(税別)
通常購入時の送料手数料 送料360円、手数料150円 送料360円、手数料155円 送料660円、手数料91円
定期購入価格 1本あたり4,900円(税別) 4,750円(税別) 4,500円(税別)
定期購入時の送料手数料 無料 無料 無料
定期購入最低継続回数 2回=3回目から解約可能 2回=3回目から解約可能 2回=3回目から解約可能
返金保証期間 28日間 60日間 90日間

おすすめクリームとしてランキングに入れた物はどれも同等の価格帯です。

定期購入を選択すると送料手数料が無料になる点や、定期購入の際に継続しなければならない回数も一緒です。

ただ、定期購入価格と返金保証期間に差があります。

言い換えると、価格や返金保証期間の長さで順位をつけたのではなく、成分や使い心地、口コミの良さ、実感できる効果に重きを置いています。

デリケートゾーンの黒ずみ解消に向いていない方法

デリケートゾーンの黒ずみ解消に向いていない方法

デリケートゾーンの黒ずみの改善ケアとして紹介されていても、実際には解消効果がほぼない、むしろ悪化させてしまう。

そういうものも中にはあります。

改善ケアをしているつもりで悪化させることがないよう、解消に向いていないケア方法もあえて紹介します。

1.重曹は安くて汚れが落ちるが|黒ずみに効果はない

デリケートゾーンの黒ずみを専用品ではない物で改善する方法として不思議と名前が挙がるのが重曹です。

重曹を溶かしてVIOを洗ったり、パックしたり、確かに、重曹の粒がスクラブ代わりになってツルツルになりそうではあります。

汚れて黒く見えているだけなら汚れは落ちるとも言えます。

がしかし、黒ずみが黒く見えるのはメラニン色素の黒さであって汚れではありません。

ツルツルになる以前にデリケートゾーンに与える刺激があまりにも強過ぎて、メラニン色素の生産を引き起こし、黒ずみを悪化させる懸念すらあります。

重曹の安さは魅力でも、その安さに飛びつかないようにしてください。

2.スクラブは汚れや角質を落とすが|黒ずみ専用品ではない

重曹をスクラブ代わりにするのがデリケートゾーンにとって刺激が強過ぎるなら、スクラブそのものはどうでしょうか。

スクラブは、汚れや角質を落とす際には専用のケアアイテムとなります。

汚れもそうですが、古くなった角質が溜まって黒く見せている可能性はゼロではありません。

ゼロではありませんが、デリケートゾーン専用品でも黒ずみ改善専用品でもないというのに、低い可能性に賭けてスクラブを使うのは無謀な賭けです。

また、スクラブには塩や砂糖が入っている物があります。

それらは重曹と同じく刺激を与えてしまいますから、デリケートゾーンの黒ずみにスクラブを使うのは重曹同様におすすめできません。

デリケートゾーンの黒ずみの予防方法5つ

デリケートゾーンの黒ずみを改善していくケアは大事なことです。

改善対策を実行していかないことには黒ずみが薄くなっていかないからです。

その一方で、デリケートゾーンに黒ずみができないように予防することも大事なことです。

改善する速度より悪化する速度のほうが早かったら改善するはずがありません。

予防することは解消ケアの一環でもあるのです。

5つの黒ずみ予防方法を紹介しますので、改善ケアとセットで取り入れてみてください。

1.デリケートゾーンには正しい洗い方がある

デリケートゾーンを清潔にするのは重要とはいえ、清潔にすることと、ただ洗うことはイコールではありません。

デリケートゾーンにはデリケートゾーンの、正しい洗い方があります。

  1. できれば専用の石鹸を使い、pHバランスをくずさないようにする
  2. よく泡立てる
  3. ゴシゴシと力を入れることなく優しく洗う

意外とできていないのが、優しく洗うこと。

タオルなどで泡立てるまではいいとして、その泡立てたタオルでゴシゴシと洗ってしまっている人が実に多いです。

できれば専用の石鹸を使い、まずは優しく洗うことから始めてみましょう。

2.デリケートゾーンのムダ毛処理にカミソリは使わない

デリケートゾーンのムダ毛を処理するなとは言いません。

が、「カミソリで処理しないように」とは言わせてください。

毛抜きで抜くのも良くありません。

カミソリでムダ毛を剃るのは自分で思っている以上に肌に負担を強いています。

肌に負担を強いるということはデリケートゾーンを黒ずませるメラニン色素を生産させていることに等しいです。

どうしても自分で処理しなければならないなら、カミソリ及び毛抜きは使わないようにします。

家庭用脱毛機器であれば自宅にいながらVIO脱毛ができますし、カミソリより電気シェーバーのほうがVIOへ強いる負担は少ないです。
もっとも負担が少なくて済むのは、エステでのVIO脱毛です。

VIOの自己流ムダ毛処理で黒ずんだなら脱毛で黒ずみは消える?

VIOの脱毛をきっかけに自分の黒ずみに気がつく人が多いと言われています。

では、ムダ毛があるからとデリケートゾーンを自己処理していたせいで黒ずんでいたなら、VIO脱毛することで黒ずみは消えるのでしょうか?

カミソリや毛抜きによる刺激がなくなれば、少なくとも、悪化は防げます。

つまり、エステでのVIO脱毛は悪化を予防するという予防ケアになります。

ただ、VIO脱毛に黒ずみが消える効果があるわけではなく、改善ケアにはなりません。

自己流ムダ毛処理よりはエステでのVIO脱毛が望ましく、けれど、黒ずみ改善ケアも必要だということです。

なお、VIO脱毛時に黒ずみがあると断られるケースがあります。

濃い色にレーザーが反応してやけどしてしまうからです。

そういう場合はまずデリケートゾーンの黒ずみ改善ケアを。

エステでのVIO脱毛はそのあとになります。

3.下着やボトムによるVIOの締めつけ厳禁!

デリケートゾーンの黒ずみを悪化させないためには、下着やボトムでVIOラインを締めつけないようにします。

少しきついショーツ、少しきついデニム。

その「少し」が毎日積み重なると黒ずんでいきます。

特にショーツは毎日必ず着用する物ですから気をつけなければなりません。

食い込んだり、脱いだ時に跡が残っていたりするのは締めつけているということです。

とはいえ、ゆるゆるなショーツを履けということではなく。

シームレスタイプのショーツだとジャストサイズでも絞めつけることがないのでおすすめです。

タンガやソングのようなショーツのラインが響きにくい物を愛用している人にも、シームレスタイプはおすすめできます。

4.ニベア・ワセリン・専用クリームでの保湿

デリケートゾーンの黒ずみにおける改善ケアの筆頭が美白なら、予防ケアの筆頭は保湿です。

予防と言いましたが、保湿することは改善とも深く関わっています。

乾燥している状態をなんとかしないことには、どんなに優れた美白成分でも効力を発揮しません。

そんな重要な保湿を何でするのか?

ベストなのは専用品、黒ずみ改善クリームによる保湿です。

何といっても専用品なのでデリケートゾーンに負担をかける心配がありません。

黒ずみ改善クリームがまだ届かない、予算が足りない、そういう時には代用品を使ってもいいでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみにニベアやワセリンを塗って保湿するということです。

何もしないよりは保湿したほうがいいです。

【騙されるな】ニベアはデリケートゾーンの黒ずみに効果あり?花王に問い合わせた結果

5.生活習慣は黒ずみ解消に無関係ではない

生活習慣の改善は黒ずみの改善につながります。

無関係なようで関係があるからです。

デリケートゾーンを黒く見せているのはメラニン色素の色で、そのメラニン色素を薄くするために美白したり保湿したりすることが黒ずみ改善ケアなわけですが、美白とはどういうことだと思いますか?

美白とは、メラニン色素の色を薄くすることや、メラニン色素の排出をうながすことです。

人間には、新陳代謝、古い細胞と新しい細胞が入れ替わるシステムが備わっています。

新陳代謝の別名はターンオーバー。

そのターンオーバーによってメラニン色素は排出されます。

規則正しい生活は正しいターンオーバーに。

だから生活習慣の改善は黒ずみの改善につながるのです。

知っておいたほうがいい!デリケートゾーンの黒ずみケアに役立つQ&A

知っておくとデリケートゾーンの黒ずみについて今以上に悩まない。

知っておくとデリケートゾーンの黒ずみ改善ケアに役立つ。

そういうQ&Aを集めました。

Q.デリケートゾーンの黒ずみが生まれつきでケアしても治らない人もいる?

デリケートゾーンの黒ずみ改善ケアを頑張っているのになかなか改善しない人からの質問でしょうか。
デリケートゾーンの色には個人差があります。
対して、黒ずみは生まれつきではありません。
悪化しないように予防しつつ、同時に、クリームを塗るなどの改善ケアをしていくことで、少しずつですが薄くなっていきます。
なかなか改善しないとケアを投げ出したくなりますが、生まれつきの黒ずみでケアしても治らないということはありませんので、継続してみてください。
ちなみに、デリケートゾーンの標準色はピンクではありません。
ピンクを目指すのではなく黒いのが薄くなることを目指せばOKです。

Q.デリケートゾーンに黒ずみがあるとにおいがきつくなる?

デリケートゾーンの黒ずみの色はメラニン色素の色が透けて見えているのであって、汚れの色ではありません。
汚れていなくて黒ずんでいるだけならにおいを左右せず、においがきつくなることもないと言えます。
ただ、黒ずんでいるのではなく汚れているだけなら汚れがにおいのもとになっている可能性があります。
加えて、下着の締めつけや蒸れていることが黒ずみとにおい両方の原因になっていることも考えられます。
黒ずみとにおい両方の対策になるデリケートゾーン専用の石鹸を使うケアがおすすめです。
いずれにしてもケアすれば大丈夫なことですから、においがきついと思い詰めないようにしましょう。

Q.デリケートゾーンの保湿にベビーオイルを使うのはナシ?

クリームではなくオイルを使って保湿をするのはアリかナシかという話ですね。
ベビーオイルはドラッグストアや小さな薬局でも買えて入手しやすく、赤ちゃんでも使えるほど優しい製品です。
また、デリケートゾーンをオイルで保湿しようと考える人は他にもいるようで、無印のホホバオイルの名前が挙がっています。
保湿できなくはないです。
デリケートゾーンの中でもVラインだったらアリでしょう。
ただ、粘膜付近に使うためのオイルではありませんし、美白成分も入っていません。
使用厳禁とは言いませんがやはり保湿も美白もできる黒ずみ改善クリームに勝る物ではないです。

デリケートゾーンの黒ずみは専用クリームや石鹸を使うことがベストな対策

デリケートゾーンの黒ずみに対して、美白できるであろう成分(例:ハイドロキノン)や、保湿できるであろう物(例:ニベア・ワセリン・オイル)はいくつもあります。

その中でも安い物から試したくなるのは無理からぬことです。

何もしないで放置しておくよりは何かしらのケアをしたほうがいいとはいえ、黒ずみ改善クリームやデリケートゾーン用の石鹸によるケアより解消できるかといったら、できません。

安い物から試すのは、試しやすい反面、効果を得られず安物買いの銭失いになってしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみを本当に改善したいのであれば、最初から専用のクリームなり石鹸なりを使うことが解消への最短ルートです。